30代の基礎化粧品のbeautyテク~メイクMIRACLE~

シミ問題を改善

シミを消す治療薬の歴史について

女性

シミは年齢を重ねる度に出てきます。 そのために、しっかりとケアをして、シミを消しましょう。 まずシミを消すための、治療薬についてですが、現在では、ハイドロキノンと、トレチノインを使うのがポイントのようです。 トレチノインって何の効果があるかといいますと、皮膚のターンオーバを早めて、メラニン色素を排出する作用があります。 なので、メラニン色素をいかに消すことができるかがポイントですね。 もうひとつの、ハイドロキノンはメラニン抑制効果を併せることで、シミを消すことにつながります。 そちら、両方を使って、どの位で効果が現れるかといいますと、実際に試した人は2週間の短いスパンで効果が現れています。 どのように、なるかというと、シミがだんだんと薄くなっていくそうです。 なので、シミを消すかというよりかは、最初は改善の手口のようなものです。

そちらの治療薬の特徴について

それで、前文で説明したのと、付け加えて、こちらの2つだけを使っていてもシミは逆に残ってしまうかもしれないのです。 なので、どうすれば良いかというと、こちらを使用した際にはしっかりと日焼け止めを塗ることです。 そうしなければ、治療薬を塗った部分が腫れて炎症を起こしたり、また、シミが薄くならずに、反対に濃くなってしまう危険性が伴います。 使い方は、化粧水で綺麗に洗った後に、ハイドロキノンを指で広範囲に広げるように塗ってあげてください。 そうしたら、トレチノンを綿棒の先端に付けて、特定のシミの部分に塗ってください。 そのあとが最大のポイントになります。 しっかりと、保湿をしてあげて、そのあと、日焼け止めを塗ってあげます。 その、際に軽い炎症のような痛みが出ても、効いていると思ってください。 これで、ばっちりです。